梅雨入り直前、痛いほどの日差しと青い空に恵まれた京都の日曜日、インクラインを歩いてきました。

秋には鮮やかなモミジで覆いつくされるこの辺りも、初夏には青々としたモミジが一面に広がりとっても瑞々しい景色が見られます。

京都のインクラインはご存知でしょうか?
琵琶湖と京都を結ぶ水路、かつてはこの水路を使って物資を運搬する船が通ってました。

しかし高低差の大きな所は船が航行できないため、このエリアだけ船を陸路で運んでました。
これがインクラインです。

今では交通網が発達し、船での輸送は無くなりましたがかつての線路などを残し、国の史跡として整備され観光地となっています。

 

 

 

桜や紅葉の時期にはごった返すこのエリアも、新緑の今ならこんな感じ。
ゆったりと歩くことができます。

 

 

琵琶湖疏水そのものは今でも水が流れていて、このように流れる水路の脇を散策できます。そして、この先は京都南禅寺にある有名な水路閣に続きます。

 

 

 

水路閣までやって来ました。
ここは京都屈指の観光地でもあるので、さすがに沢山の観光客がおられます。

 

そしてしばらくウロウロしていると、色んな方とのご縁も出来てくるわけです。
こちら、鳥取から来られたお二人。土日の旅行で最期の観光をされてました。

 

地元京都にお住いのお二人。その気になればいつでも浴衣着てこういう所に来ることが出来る。なんか羨ましいですね〜。

 

最後はこの方。私と同じ大阪からお一人で来られてました。新しく買ったミラーレスの試運転で京都散歩されてたようです。

 

 

普段はあまり来ないインクラインや水路閣。たまに来ると人は多いものの、やっぱりいい所だなぁと居着いてしまいます。加えてここは日陰が多いので、暑い日差しから適度に逃げることもできます。

これから京都も暑い夏を迎えます。京都の夏は、本当に暑いです。
それでも人を惹きつけて止まない京都。

新緑の京都、夏の京都を楽しみに行かれませんか~?

 

 

 

※撮影機材
カメラ;SONY α6000
レンズ;SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z

 

写真素材のピクスタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。