兵庫県姫路市。白鷺城とも呼ばれる世帯遺産「姫路城」のある大きな街です。

ここにある山、書写山。そしてその山上にある円教寺に行ってきました。

濃く深く、鮮やかな初夏の緑に囲まれた、立派な御堂が並んでいました。

 

書写山円教寺

 

麓からの書写山ロープウェイで約4分。高低差200メートル程ですが、上ってみると意外にヒンヤリとしてました。

そこからてくてくとしばらく山道を進みます。

道の両側には33体もの仏像が並び、どこを向いても緑に染まっていました。

 

 

 

そしてその先にある円教寺。正式には「圓教寺」と書きます。

西の比叡山とも呼ばれるそうで、確かに、比叡山の上に立つ延暦寺にも似たロケーションです。

 

 

 

摩尼殿、大講堂、食堂など必見の文化財も見ごたえ十分ですが何より空気がいい。深山幽谷の、独特の空気と薫る緑。

これから迎える夏にも、涼を求めて行ってみたいものです。

 

 

 

※撮影機材
カメラ;SONY α6000
レンズ;SONY Vario-Tessar T*E16-70mm F4 ZA OSS

 

 
写真素材のピクスタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。