東洋のプチパリ、ホーチミンsnaps. の続きです。

 

フランス統治時代を色濃く残すホーチミン。特に街の目抜き通り「ドンコイ通り」周辺はプチパリとも呼ばれ、parisという地名まで付いています。

 

 

 

 

 

 

 

ホーチミンはとにかく大都市でオシャレなカフェ、雑貨店、リノベされたレトロビルなんかがもうあちこちにあります。そういうのが好きな方は、きっと何日いても足りないかと思います。

 

 

 

 

 

 

ベトナムの衣装といえばアオザイですが、ここホーチミンで一般の方が日常で着られているシーンはまずありません。いるのはショップ店員のユニフォームがせいぜい。もしかしたら学生さんの制服にはあるのかも知れませんが、私の滞在中には見かけませんでした。こちらは「ベトナム戦争証跡博物館」の職員の方。ちょっと撮らせていただきました。
 

 

 

 

 

今回行ったホーチミンは良くも悪くも大都市で近代的。少し前にはまだまだジャングルだった所がどんどん開発され、流れるサイゴン川の光景もまるで違ってきているそうです。

そういう昔ながらの景色を求めるとなると、ハノイやホイアンに行く方が良いようです。

 

 

今回の記事が、ホーチミンにご興味あるどなたかの参考になればと思います。
私も、既にまた行きたくなってきました〜(^^)

 

 

 

 

※撮影機材
カメラ;SONY α6000
レンズ;SONY E18-55mm F3.5-5.6 OSS

 

写真素材のピクスタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です