京都の酒処、伏見酒蔵の町並みが灯ろうライトアップされているというので行ってみました。

 

京都伏見といえば酒造メーカーの酒蔵が多く建ち並び、とっても風情あるエリア。京都観光を考えられた方でお酒好きな方は、一度は訪れたいと思う方も多いと思います。
昼は多くの観光客が訪れ、利き酒を楽しんだりお土産に購入されたりされてます。

そんな京都伏見では夏、酒蔵が並ぶ「酒倉通り」が灯籠でライトアップされます。
もう何年も前から行われてていますが先日初めて行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
初めて行ったのでよく分かりませんが、ご覧のように灯籠はLED。個人的にはやはりもうちょっと温かみのあるライトアップが欲しかったなという印象でした。

そして、多くのお店は閉ざされており、本当に単にライトアップをしているだけ。
通りを歩く人の姿もほとんど無く、何だかとっても寂しい雰囲気でした。

 

いつか行ってみようと思われてる方、まぁ一度は見ておいていいかもですが、ここに割く時間は20分もあれば十分。伏見はぜひ、お昼間に行きましょう(^^;;
 

 

 

※撮影機材カメラ;SONY α7Ⅲ
レンズ;タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD

 

写真素材のピクスタ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。