2018年8月17日から9月2日まで、世界遺産の京都・下鴨神社で行われたチームラボによる「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab」。私のスケジュール的にギリギリとなった最後の土曜日にようやく行ってきました。

 

デジタルアートで有名なチームラボの展示を見に行くのはこれで2回目ですが、まぁいつも大盛況。この日も最終の土曜とあってか、もの凄い人でした。

 

 

 

今回の展示は世界遺産でもある下鴨神社。二千年前から姿を変えないと言われる糺ノ森から神社までを、チームラボの代表的な作品「呼応する球体」で埋め尽くします。

人が触れることで色を変え音を変え、それが呼応して周りの球体の色も変わる。不思議でカラフルで幻想的な空間でした。

 

 

 

それにしても大人気。本当に人が多かったです。そんな中で工夫して撮ってきたつもりの写真たち。少しでも雰囲気伝われば良いなと思います。

 

 

 

 

 
 

今年は大阪のあべのハルカスでもチームラボの展示が行われていましたがこちらは行けず。
次はどこで行われるのでしょうかね〜。出来ることならまた、行ってみたいなと思います。

 
 

 

※撮影機材カメラ;SONY α7Ⅲ
レンズ;タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD
77mm ラバーレンズフード 
ステップアップリング(67mm →77mm)

 

写真素材のピクスタ

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。